10万円借りるなら

10万円借りるなら、即日融資可能な大手消費者金融カードローンがおすすめになります。

  • 今すぐ10万円借りたい!
  • 今日中に10万円必要!
  • 即日10万円の資金調達したい!
  • 1分でも早く10万円借りなければならない!

お金は急に必要になるもので、どうしても今すぐ10万円必要と言う場合や、今日中に何とか10万円借りたいと言うシーンは突然訪れるものです。

 

「あと少しで給料日だけど生活費が足りないから10万円借りたい」

 

「結婚式の祝儀代10万円借りたい」

 

「給料日より前にクレカの返済日が来るから不足分の10万円借りたい」

 

「あと10万円あれば気持ちに余裕が出るからとにかく借りたい」

 

このような場合で、今日中にお金借りるなら大手消費者金融のカードローンがとても便利です。

 

消費者金融カードローンは「今すぐ・即日・今日中」と言うニーズに対応していますので、お急ぎの方の強い味方になってくれます。

 

消費者金融カードローンは「即日融資」に対応しており、最短30分審査の最短1時間融資も可能になりますので、緊急を要する場合でも安心です。

 

さらに、最近の消費者金融は「30日間金利0円」などのサービスがあり、30日以内に返済すれば無利息でお金を借りることができるので、銀行カードローンよりもお得に10万円借りることができます。

 

消費者金融と聞くと胡散臭く感じる方も多いと思いますが、最近の大手消費者金融は銀行の傘下に入って運営していますので安心です。

 

大手消費者金融を街金や闇金と混同してしまっている人も多いと思いますが、大手消費者金融は貸金業法に則って運営している正規業者になりますのでご安心ください。

 

大手消費者金融はテレビCMでもよく見かけるのでご存知の方も多いと思いますが、「アコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル」のことを言います。街金とは、中小の消費者金融のことで、正規業者ではありますが全国対応していない場合や即日融資、30日間金利0円などのお得なサービスなども無いのでおすすめではありません。

 

闇金は法律を無視した違法業者なので絶対に利用しないようにしてください。

 

闇金は審査なしで10万円借りることができますが、「トイチ(10日で1割)」などの法外な金利での貸付になりますし、返済できなかった場合は厳しい取り立てや嫌がらせをされますので絶対に利用しないようにしましょう。

 

大手消費者金融の場合は、法定金利内での貸付なので安心です。ちなみにですが、大手消費者金融カードローンで10万円借りる場合の金利は「年利18.0%」が基本になりますので、9,000円の利息になります。

 

しかし、大手消費者金融の場合は30日間の無利息期間がありますので、金利0円で借入することも可能となります。こういった点から見ても、即日10万円借りたいと言う場合は、大手消費者金融カードローンがおすすめなのです。

 

しかも、大手消費者金融カードローンでしたら、パートやアルバイトの安定収入があれば「主婦」や「学生」でもお金を借りることが可能になります。さらに、10万円の借入でしたら審査に必要な書類は「運転免許証」などの本人確認書類のみになりますので、収入証明書などの書類を集める煩わしさは一切ありません。

 

つまり、大手消費者金融カードローンなら、運転免許証1枚あれば今すぐ10万円借りることができると言うことです。しかも金利0円で夜間でも土日祝でも即日融資に対応しているのです。

 

10万円借りる審査に通過するためのポイントは、「欲張らないこと」です。10万円借りたいなら10万円の申込みをしましょう。借入限度額を大きくしてしまうと審査に通過しにくくなりますので要注意です。例えば、10万円借りるために100万円の申込みをすると審査落ちする可能性があります。ただし、最低申込額が10万円の消費者金融もありますので、その場合は10万円で申込するようにしましょう。

 

 

即日10万円借りる方法

即日で10万円借りる方法をご紹介します。夜間でも土日祝でも今すぐお金が必要と言う場合でも強い味方になってくれるのが消費者金融カードローンです。

 

カードローンと言えば銀行の商品もあり、銀行カードローンは金利が安いことがメリットではありますが、審査が非常に厳しく即日融資に対応していないことや30日間の無利息サービスなどがありません。

 

そのため、緊急を要する場合は消費者金融カードローンがおすすめです。

 

①申込みは50万円以下にする

基本的に50万円以下の申込みの場合は収入証明書が不要で審査も比較的スムーズに進みます。今回は10万円借りたい場合になりますので、10万円の申込みで良いでしょう。

 

借入額が増えれば増えるほど審査が厳しくなりますし、その日の内に審査が終わらないと言う可能性もありますので、申込み時はなるべく低い金額をおすすめします。

 

②ネット申込みをする

スマホやパソコンでネット申込みをしてください。ネット申込みだと比較的審査がスムーズで、本人確認書類も写メをアップロードするだけになります。

 

振込みキャッシングを利用する場合は、銀行の営業時間内に振込み手続きをする必要があるため午前中に申込みを済ませるようにしましょう。この場合14時頃までに審査に通過している必要があります。

 

もし、間に合わない場合は自動契約機を利用することで夜間でも土日祝でもお金を借りることができます。

 

③自動契約機を利用する

ネット申込みが完了して無事に審査に通過しましたら、最寄りの自動契約機へ行って契約手続きを済ませましょう。そうすることで、その場でローンカードを発行してもらえますので、併設されているATMで24時間お金を引き出すことができます。

 

ちなみにですが、コンビニATMでもお金を出金することができます。

 

また、このネット申込み後に自動契約機を利用する方法でしたら、自宅に郵送物(ローンカード・契約書類)が送られてこないので、家族にバレる心配もありません。

 

そのため、妻にバレたくない、旦那に内緒でお金を借りたいと言う方は、ネット申込み後自動契約機を利用するようにしましょう。

夜間の借入や土日祝の場合は、ネット申込み後自動契約機で契約手続きをすることで、銀行の営業時間に関係なくお金を借りることができます。休日に急に10万円必要と言う状況になっても、消費者金融カードローンでしたら安心です。

 

10万円借りる場合は保証人は必要?

大手消費者金融カードローンで10万円借りる場合、保証人が必要なのか気になる方も多いと思いますが、消費者金融でお金を借りる場合は保証人は不要となります。

 

銀行でお金を借りる際は、保証人が必要になる場合がありますが、基本的にカードローンの場合は保証人も担保も不要でお金を借りることができます。消費者金融で10万円借りる場合は「信用貸付」になりますので、20歳以上で安定収入があり、金融事故を起こしていない人であれば誰でも借入することができます。

 

金融事故とは?
金融事故とは、「過払い金請求・任意整理・民事再生・自己破産」などの債務整理をした場合や、クレジットカードの強制解約や保証会社による代位弁済などを受けたことがある場合を言います。いわゆるブラックリストの人のことを言います。返済遅延や返済の滞りがあった場合、現在進行形で返済が遅れたりしている人も要注意です。

 

そのため、10万円を借入するにあたって特別な準備は必要なく、思い立ったそのときに申込みをして即日融資してもらうことも可能となります。安定収入さえあれば、アルバイトの学生でも、パートの主婦でも、派遣社員でも、自営業でも、必要な時にお金を借りることができます。

 

10万円借りる場合の審査に必要な書類

消費者金融カードローンで10万円借りる場合は必ず審査に通過する必要があります。この審査に申し込むために必要な書類は、基本的に「運転免許証」のみになります。

 

運転免許証がない場合は、パスポートや健康保険証なその本人確認書類でも申込みすることができます。

 

ただし、50万円以上の申込みをする場合や他社との借入を合わせて100万円を超える場合は「収入証明書類」の提出をも止まられる場合もあります。基本的に10万円の借入の場合は、収入証明書は不要で本人確認書類のみで審査することができます。

 

10万円借りる理由は?

消費者金融カードローンで10万円借りる際の理由ですが、特に不要です。なぜなら、消費者金融カードローンの資金使途は「自由」だからです。使い道が自由な貸し付けになりますので、10万円借りるための理由はいりません。

 

相手から聞かれることもありませんし、こちらから申告する必要もありますせん。つまり、借りた10万円を自由に使うことができると言うことです。

 

生活費として使ってもいいですし、飲み会に使ってもOK、海外旅行の費用に使ってもOK、ブランド品を購入してもOKです。ちなみにですが、ギャンブルに使うのも自由です。

 

ただし、借りたお金は必ず返済しなければなりませんので、この点だけご注意ください。10万円借りると言うことは10万円の返済義務があると言うことです。そのため、計画を立てて借りないと返済できなくなってしまうので要注意です。

 

お金を借りる理由や使い道は自由ではありますが、計画的に借りないと最悪の場合破産しなければならないような状況に陥る可能性もありますので、しっかりと計画を立ててお金を借りるようにしましょう。

 

10万円程度で破産することはございませんが、しっかりと計画をたてて利用するようにしてください。

 

10万円借りる際の審査に通過しない人の特徴

消費者金融カードローンで10万円借りる際に必ず審査がありますが、審査落ちする人にはある特徴があります。この特徴を把握しておけば、審査に落ちることは基本的にありませんので、これから審査に申込みすると言う人は是非チェックしてみてください。

 

入力ミスで審査落ち

消費者金融カードローンに申込む際に、氏名や住所、勤務先などの情報を入力します。この時に誤った情報を入力してしまうと審査落ちする可能性が高くなります。

 

運転免許証に記載の住所と入力した住所が異なるといけないので、入力時は誤りのないようにきちんと見直しをするようにしましょう。この内容によっては、融資してもらえない場合もありますのでh注意が必要です。

 

貸金業者は申込フォームに入力された情報と、本人確認書類に書かれている情報、個人信用情報の内容を照らし合わせて融資をするか決めますので、間違いのないようにしてください。

 

虚偽の申告で審査落ち

消費者金融カードローンに申し込む際に、現在の借入状況などを入力しなければなりません。この時に嘘の申告をすることで審査落ちしてしまいます。例えば、他社で30万円の借入があるにも関わらず借入0円と入力したり、100万円借り入れがあるのに80万円とごまかして入力すると、すぐにバレてしまい審査落ちしてしまいます。

 

他にも、所得を嘘ついて収入証明書の提出を求められた場合も、嘘がバレてしまい審査落ちしてしまいます。いずれにしても、カードローンの審査に申し込む際は、嘘ではなく全て真実を申告するようにしましょう。

 

申込みブラックで審査落ち

申込みブラックとは、短期間に複数の消費者金融カードローンに申込みをしている人のことを言います。個人信用情報には、どこの貸金業者にいつ申込みをしたかが記録されます。

 

短期間に複数の申込みをしている場合は、お金に困っていると思われ、申込みブラックと判断されてしまい、審査落ちの原因となります。そのため、同時に複数に審査申し込みはしないようにしましょう。

 

10万円確実に借りるためには、上記の点に注意して申込みするようにしましょう。収入や借入状況を偽っても、全てバレてしまいますので正直に申告するようにしてください。審査時に個人信用情報を照会するのですが、そこに借入状況などが全て記録されていますので、嘘をついても全てバレてしまいます。